住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家

こだわり建材その5_外付けブラインド

ドイツ製の外部ブラインドが夏の日差しによる室内の温度上昇を防ぎます。

構造的に室内の温度が外気温に左右されにくい建物にする省エネ住宅の考え方(パッシブデザイン)には「高断熱」という機能は不可欠です。外気温に特に左右される「窓」をどう攻略するかは「高断熱」を高める重要なポイントなります。
少ないエネルギーでいかに室温を快適に保つか、家全体の省エネ化をするために、「窓」に対策していかなくてはなりません。
日本の厳しい夏の直射日光の熱を遮断して室温上昇を抑え、逆に冬は熱を取り込むことで冷暖房費の節約に一役買ってくれます。
この外付けブラインドは、日射エネルギーの透過率が低く、約80%の熱を窓の外で遮断することができます。

e80afa2-230x300

屋外設置のため、窓とブラインド間の空気が常に入れ換えられるので熱が蓄積しにくくなり、遮熱性が高まります。
これに対して、室内ブラインドは窓とブラインドやカーテンの間で温まった熱が溜まり、照り返し効果で温室効果が生じて室温上昇につながるの要因となります。
外付けブラインドは、ドイツにおいてかなりスタンダードな日射対策となっています。

現在、日本の厳しい夏の日差しが窓から入らないように様々な対策がありますが、このシステムは日本古来の「よしず」や「すだれ」などに似ている仕組みです。夏は強烈な日差しを遮り、冬は日差しを取り込んで部屋を暖かくしてくれます。省エネで快適な暮らしを実現する外付けブラインドは、日本の気候風土に合ったシステムと言えます。

見学のお申込みはお気軽にお電話で TEL 0120-781-311 【プレアクリエイト 株式会社】受付時間 9:00~19:00 / 定休日:水曜 及び 第1・第3火曜

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © プレアクリエイト 株式会社 All Rights Reserved.